相撲 遠藤の出身地や彼女は?

相撲界のイケメン力士と呼び声高い遠藤ですが、今の相撲ブームがここまでになったのは、遠藤の存在が大きいのではないでしょうか。

そこで今回は、遠藤プロフィール、成績、女性ファンが気になる彼女についてなどを徹底解説したいと思います。

 



スポンサーリンク



遠藤のプロフィール


出典:http://www.sumo.or.jp/

本名:遠藤 聖大 (えんどう しょうた)

四股名:遠藤

生年月日:1990年10月19日

出身地:石川県鳳珠郡穴水町

身長:184cm

体重:154kg

所属:追手風部屋

最高位:東前頭筆頭

 



スポンサーリンク



遠藤の経歴


出典:https://matome.naver.jp/

子供の頃の遠藤はすぐに拗ねる子だったため、遠藤のお父さんは礼儀や忍耐を見につけさせるために相撲教室に参加させたそうです。

半ば強制的に始めた相撲を遠藤自身は好きではなかったようです。

転機は小学5年生のとき。金沢巡業で、当時大関だった朝青龍に会って考えが一変したそうです。

朝青龍のスピードあふれる豪快な相撲にむき出しの闘争心、多彩な技に「面白い」と感じ、真剣に相撲に取り組むようになります。

地元の中学校に相撲部がなかったため、12歳で親元を離れ、金沢市立西南部中学校へ進学し相撲に打ち込みます。

2年生の時に中部日本選抜中学生相撲大会で個人優勝、団体戦でも優勝を果たしました。

高校は金沢学院東高校へ進学、3年生の時に高校相撲金沢大会と選抜高校相撲十和田大会でそれぞれ優勝しています。

 

高校卒業後は日本大学経済学部経済学科に進み、1年生の時から団体戦レギュラーとして活躍しました。

3年生の時には右膝の靭帯損傷の大怪我で半年近くまともな稽古をすることができなかったとのこと。

それでも、稽古土俵の外で四股を踏んで過ごし、4年生の時には団体戦の主将を務めました。

個人戦では、全日本相撲選手権大会優勝(アマチュア横綱)と国体相撲成年個人の部A優勝(国体横綱)という2つのビッグタイトルを手にしました。

このタイトルにより、入門時は幕下10枚目格付出の資格を取得することができたのです。

 

遠藤の成績


出典:https://matome.naver.jp/

幕下・十両時代

大学卒業後は、同郷出身で日本大学の先輩でもある追手風親方が師匠を務める追手風部屋へ入門。

2013年3月場所で初土俵を踏み、5勝2敗で場所を終えます。

次の5月場所は東幕下3枚目の地位で相撲を取り、5勝2敗の成績を挙げ、7月場所で新十両昇進が決まりました。

迎えた7月場所は西十両13枚目の地位で14勝1敗の成績を残し、みごと優勝、入門から3場所で初入幕といったスピード出世となりました。

幕入り後

髷が結えないザンバラ頭での入幕は出世が早い証拠。

モンゴル人力士が席巻していた相撲界に突如現れた遠藤は、相撲ファンの希望の星となりました。

しかもイケメンとなれば、女性ファンがほっておくわけがありません、追っかけファンも現れるようになったのです。

しかし、人気とは裏腹に入幕後の遠藤は怪我との戦いが長く続いてます。

それでも、2014年1月場所で敢闘賞、2016年9月場所で技能賞を受賞する活躍を見せています。

また、2014年5月場所で鶴竜、2016年の11月場所では白鵬、2017年5月場所で稀勢の里から金星を挙げ、ファンを喜ばせてくれました。

怪我がなければ、すでに三役になってもおかしくない実力がありながら、中々上位に上がれない遠藤。

今後、人気に見合う活躍を期待しましょう。

 

遠藤の出身地について 同郷力士は?


出典:https://4travel.jp/

遠藤の出身地は石川県の能登半島の中心にある穴水町というところです。

遠藤はここで小学6年生まで過ごしました。

穴水は牡蠣が名産、1月から3月まで「まいもんまつり”冬の陣”かきまつり」が行われています。

また、海の安全と大漁を祈るキリコ祭りも有名です。

穴水町の町長は遠藤にあやかって、町おこしをしようとした時期もあるようです。

 

さて、石川県という土地は、古代にさかのぼると、「唐戸山神事相撲」 (現・羽咋市)などの相撲が盛んだった記録が残っているそうです。

その歴史と伝統から、大正14年(1915)年には金沢で、最古のアマチュア相撲大会「第1回全国(旧制)高等学校相撲」が開かれています。

 

そんな相撲大国・石川は多くの活躍力士を輩出しています。

史上初の本名横綱だった第54代横綱・輪島を筆頭に、舛田山(現千賀ノ浦親方)、大翔山(現追手風親方)、栃乃洋(現竹縄親方)、大関・出島(現大鳴戸親方)がいます。

 

遠藤グッズについて


出典:http://chuplus.jp/

両国国技館では、力士ゆかりのグッズがたくさん販売されており、ファンならずともほしくなるものばかり。

中でも遠藤のグッズは人気があり、多くのファンが買い求めています。

また、CMに出演している永谷園は、遠藤グッズのプレゼント募集をしたことがあります。

手形入りのサイン色紙やクッション、遠藤関化粧廻しバスタオルなど非売品のグッズが当たるとあって多くのファンが応募したようです。

 

遠藤に彼女はいるのか 結婚の予定は?


出典:https://newsjouhousaishin.inupolice.com/

これだけイケメンの遠藤ですから、女性ファンも多く、女性にもてそうですよね。

以前は「彼女はいません」とコメントしていましたが、現在はどうなのでしょう。

以前番組で共演したことがきっかけてタレントの磯山さやかさんとお付き合いしているのでは?と噂されたこともあります。

しかし、その後何の進展もなかったようです。

 

また、遠藤に関係する女性といえば、超セレブな女性タニマチの方が有名です。

兵庫県芦屋市の超豪邸に住んでいて、遠藤も豪邸に招かれたことがあるとか。

ただ、この方は既婚者なので、恋愛関係に発展することはなさそうです。

以前、ディナーショーの席で好きな女性のタイプを聞かれ「優香さん、明るい人がいい」とコメントしています。

また、2014年の3月に出演した「徹子の部屋」で結婚についての発言をしています。

「まだ、相撲界に入って短いので、結婚はまだ考えられない。でもいずれは家庭を持って、家族のために頑張るという気持ちも芽生えるかな」

3年以上前のコメントですから、気持ちは変わっているかもしれませんが結婚願望はあるようです。

現状の遠藤の成績を見ても、遠藤自身、今は結婚するよりは相撲で番付を上げることが目標ではないでしょうか。

ただ、今の遠藤を支えている女性がいるかもしれませんよね。

素敵な女性を見つけてほしいと思う反面、まだまだ、角界のプリンスとして、ファンみんなのものでいてほしいという女性ファンが多いかもしれません。

 

遠藤は四股名を変えないのか


出典:https://www.daily.co.jp/

力士は出世するごとに四股名を変えていきます。

遠藤にも四股名を変えるタイミングは二度ほどありました。

それは新十両昇進と初入幕の時です。

新十両昇進の時は5勝2敗の成績だったこともあり、十両昇進はないのでは?と四股名を用意していなかったとのこと。

新入幕の時は、新十両の場所で優勝を果たし、1場所で入幕を決めてしまい、その勢いから世間では遠藤フィーバーが起こっていました。

その流れを持って入幕しようということになり、本名のまま入幕したそうです。

同郷の大横綱・輪島、大関・出島が本名の四股名のまま出世しているので、同郷の大先輩を目指して本名にしているかと思っていましたが、タイミングを逃しただけなんですね。

追手風部屋にはゆかり「清水川」という素晴らしい四股名があり、三役に昇進した時には四股名を改めるのではないかと言われています。

 

まとめ

遠藤の2018年、初場所の番付は西前頭5枚目です。

今年は上位の地位で好成績を収め、番付をキープすることにより、三役も狙えるのではないでしょうか。

遠藤という四股名がなくなるのも寂しい気がしますが、「清水川」を名乗るために、優勝争いにまで食い込むような活躍を見せて欲しいですね。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three − two =