相撲の給料体系は?給料はどこから支給されるのか?

相撲部屋に所属する力士、横綱や大関など番付上位の力士は、野球選手やサッカー選手のように高収入と言われています。

今回は、力士の給料体系や、その内容について解説したいと思います。

 



スポンサーリンク



力士の給料体系


出典:https://www.shokugyou.net/

大相撲の力士は、プロ野球やサッカー選手のようにチームとの契約でプレーするのとは異なります。

では、力士の給料体系はどうなっているのでしょうか。

月給制はいつから?

多くのプロスポーツ選手が個人事業主として活動する中、力士はサラリーマンのように給与所得者として活動しています。

月給制になったのは昭和32年(1957年)5月からです。

それ以前の力士の収入は「歩方金」と言って本場所の収益を一定の割合で分配していて、収入が不安定でした。

また、年寄、行司、呼び出しなどの給与制度も同じく実施されました。

給料はどこから支給される?

力士たちの給料は所属する相撲部屋ではなく、相撲協会から支給されています。

その他、相撲に携わる職業の人たちは力士の裏方もすべて相撲協会に所属し、相撲部屋は協会から力士を委託されて指導と養成をしています。

そのため、給料は相撲協会から支給されるのです。

 



スポンサーリンク



力士の給料の内訳


出典:http://ozumou.com/

月給

番付別の給料は以下の通りです。

・横綱:282万円

・大関:234.7万円

・三役(関脇・小結):169.3万円

・平幕(前頭):130.9万円

・十両:103.6万円

700人以上いる力士の中で給料が支給されるのは関取と呼ばれる十両までの70人だけです。

 

幕下以下の給料はなく、場所ごとに7万~15万円の本場所手当てが支給されます。

力士は、上位の1割だけしか給料を貰うことができない厳しい世界なのです。

力士報奨金

本場所の成績によって受け取る事ができる賞金です。

「持ち給金」とも呼ばれ、仕組みは少し複雑です。

力士はすべて、序ノ口でデビューした時に最低支給標準額として3円が与えられます。

本場所で勝ち越すと勝ち越し星1番ごとに0.5円、金星を上げると10円加算されます。

優勝1回につき30円、全勝優勝は50円加算されます。

成績で加算された持ち給金の4,000倍した金額が本場所ごとに引退するまで支給されるのです。

また、番付には基準の持ち給金があります。

力士はその番付に昇進すると、自動的にその基準の持ち給金になります。

番付ごとの基準額は、横綱:150円、大関:100円、前頭:60円、十両:40円です。

持ち給金は負け越しても減額されることはありません。

ちなみに、幕下以下の力士の場合、勝ち越せば持ち給金は加算されていきますが、支給されるのは関取になってから、つまり、十両へ昇進してからになります。

幕下以下の奨励金

幕下以下の力士を力士養成員と言います。

力士養成員には、本場所の成績(勝ち越し)によって奨励金が支給されます。

 

その他の収入、手当など


出典:https://pinky-media.jp/

賞与・ボーナス

力士にもサラリーマンと同じようにボーナスがあるのをご存知でしょうか。

実は、9月と12月に1ヵ月分の月給が賞与として支給されています。

横綱であれば、282万円、年間542万円が給料とは別に支給されているのです。

本場所特別手当

三役以上の力士には1年間に6回ある本場所ごとに特別手当が支給されています。

特別手当は出場日数により減額されるのですが、11日以上出場すれば全額受け取ることができます。

支給額は、横綱 20万円、大関 15万円、三役 5万円です。

6日以上10日以内出場すれば、支給額の2/3、5日以内で1/3が支給されますが、全休した場合は支給されません。

出張手当

地方場所となる3月(大阪場所)、7月(名古屋場所)、11月(九州場所)には宿泊費と日当を出張手当として合計35日分支給されています。

横綱 宿泊費:8,000円 日当:3,000円

大関 宿泊費:7,500円 日当:2,000円

三役 宿泊費:6,500円 日当:1,600円

平幕 宿泊費:5,700円 日当:1,400円

十両 宿泊費:5,300円 日当:1,200円

力士補助費

1月・5月・9月場所の両国国技館で行われる東京場所では、力士補助費が支給されます。

これは、稽古廻しや絞込み、化粧廻し、髪結いのための補助金です。

支給額は力士の番付に関わらず一律2万5,000円となっています。

優勝賞金

幕内優勝賞金は1000万円、三賞(殊勲賞、敢闘賞、技能賞)は各200万円です。

十両優勝は200万円、幕下・50万円、三段目・30万円、序二段・20万円、序ノ口・10万円となっています。

タニマチからのご祝儀

相撲部屋や幕内力士にはそれぞれ「タニマチ」といわれる後援者、スポンサーがいます。

タニマチは個人であったり団体であったりと様々、昔から角界存続に欠かせない存在でした。

今でも相撲のチケット買い取りから遊興費の金銭的援助までありとあらゆるバックアップを担当してくれています。

相撲部屋の力士が優勝したらタニマチから100万円、勝ち越したら10万円の祝儀があるとのことです。

懸賞金について


出典:https://matome.naver.jp/

幕内の取り組みには企業などが懸賞金を掛けています。

取り組み前に懸賞旗が土俵の周りを回り、注目の取り組みには沢山の懸賞金が掛けられます。

懸賞金はいつからある?

懸賞金の歴史は古く、平安時代にはすでにあったとされています。

平安時代、相撲は諸国から集められた相撲人(すまいびと)、今で言う力士の相撲を天皇が宮中で観覧する相撲の節(すまいのせち)という行事でした。

勝負に勝った相撲人に織物や衣類、米などが送られ、懸賞の原型とされています。

 

江戸相撲となってからも懸賞の習慣は残り、武家の上覧相撲の頃にには、弓や刀、羽織が送られました。

千秋楽の「これより三役」後の取り組みに勝った力士には懸賞金に合わせて矢と弦が贈られるのはこのころの名残です。

懸賞金はいくら?

懸賞金は1本62,000円で、手数料などが引かれ力士は30,000円を受け取ります。

その懸賞金は勝った力士が受け取ることができるのです。

勝利力士は勝ち名乗りを受け、行司から熨斗袋を受け取っている場面を見たことがあると思います。

熨斗袋には現金30,000円が入っており、現金で支給されています。

 

ところで、力士が受け取る懸賞金が何故、半分以下になってしまうのでしょうか?

懸賞金の62,000円のうち、相撲協会が必要経費として5,300円受け取ります。

残りの26,700円が獲得者本人名義の預り金として積み立て、納税充当金として協会が保管し、引退時に余剰金が戻ってくるそうです。

懸賞金に税金はかかる?

基本的に力士は相撲協会から給料を支給されているため、サラリーマンのように給与所得として源泉徴収され、年末調整もしています。

更に社会保険にも加入しています。

また、優勝賞金、後援会からのご祝儀などは一時所得として源泉徴収されます。

懸賞金は、テレビCM、番組出演料と同じく事業所得扱いになります。

人気力士になれば、懸賞金も多く、収入源が複数あるため、個人事業主とて確定申告が必要になります。

 

相撲部屋の運営やその収入源


出典:http://uni.sakuraweb.com/

最初に相撲に関わる職業の人はすべて相撲協会に所属し、協会から給料が支給されていると書きました。

では、相撲部屋の収入はどうなっているのでしょうか。

相撲部屋の収入

相撲協会は部屋持ちの親方(年寄)に対して、場所ごとに「部屋維持費」を支給しています。

部屋維持費は、所属力士人数X11万5,000円で計算されます。

さらに「稽古場維持費」として1人につき45,000円が支給されています。

 

また、給料が出ない幕下以下の力士(力士養成員)に対しては、毎月協会から「力士養成費」が1人につき70,000円支給されます。

関取がいる相撲部屋に対しては年間単位で「養成奨励金」が支給される仕組みになっています。

養成奨励金は、十両で114万円、平幕126万円、三役が156万円、横綱が276万円となっており、番付上位の力士がいる部屋は収入が多くなります。

理事長・理事に給料はあるのか

相撲協会の役員理事には定例報酬として月額149万8,000円が支給されています。

さらに年寄の勤続年数に応じて勤続手当が、さらに本部勤務手当として理事長50,000円、理事40,000円。

年度末手当として理事長1,100,000円、理事800,000円などの手当が追加されます。

 

まとめ

プロ野球やサッカー選手、近年では陸上、水泳、体操など、オリンピックで活躍した選手がプロスポーツ選手としての活動を選択しています。

ただ、プロスポーツの世界は、成績が報酬に直結するため、収入が不安定なイメージがあります。

大相撲の力士は、安定収入の月給と、実力に応じた収入の力士報奨金の2種類の給料により、一見安定した収入を得ているように感じます。

しかし、安定した給料をもらえるのは関取となってからですし、普通のサラリーマンから比べると現役の期間は長くありません。

しかも、怪我や病気で土俵に上がれなくなることもあります。

番付が上がると諸経費もかさむと聞きますし、高給と言えどもそれなりで出ていくお金も多いようです。

他のプロスポーツ選手から比べると、安定しているように見える力士ですが、やはり勝負の世界で生きる力士たちは厳しい世界で戦っていることには間違いないのではないでしょうか。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + 17 =