相撲の九州場所とは? その日程と結果

大相撲の本場所は1年に6回、奇数月に開催されます。

1月、5月、9月は東京の両国国技館で開催され、3月は大阪、7月が名古屋、11月が福岡で行われます。

福岡で行われる場所は九州場所と呼ばれています。

今回は九州場所の歴史、観戦の楽しみ方などについて解説したいと思います。

 

相撲の九州場所とは?


出典:https://fanfunfukuoka.com/

九州場所の歴史

以前は東西に分かれて興行していた大相撲、それぞれが常設の国技館で年2回興行していました。

昭和になると東西の協会が合併して日本相撲協会となります。

戦後は、国技館に加えて、大阪、名古屋、福岡でも興行を行うようになり、今に至っています。

九州場所は1955年から2年間は準場所として開催されていましたが、1958年からは本場所に昇格しました。

 

九州場所は当初「横綱が優勝できない場所」と言われていました。

それは、昇格した年から4年連続で大関以下の力士が優勝したからだそうです。

そうしたジンクスを破ったのは横綱・大鵬です。

1961年に優勝、以後32回の優勝のうち、7回が九州場所となり、大鵬にとって相性の良い場所となったのです。

九州場所の日程

九州場所は11月場所と呼ばれ、第2週目の日曜日に初日を迎えます。

今年は10月6日に前売りチケットの発売が開始され、29日に番付が発表されます。

11日が初日、25日が千秋楽となっています。

そのほか、場所前には、新弟子検査や住吉神社横綱奉納土俵入り、取り組み編成会議なども行われ、場所後には初場所の番付編成会議が行われます。

 

九州場所の観戦について


出典:http://www.shinumade.com/

会場

定期開催となった1958年から1973年までは福岡スポーツセンター、1974年から1980年までは九州電力記念体育館で開催されていました。

現在の会場となっている福岡国際センターは1981年から開催されるようになりました。

住所:福岡市博多区築港本町2-2

交通アクセス:バス JR博多駅(博多口)から約11分、西鉄・地下鉄天神駅から約8分、地下鉄呉服町駅から約6分

 

福岡国際センターは、1981年10月に開業したコンベンションホールで、その年から九州場所が開催されています。

ほかにもプロレス、プロボクシングなどの格闘技、スポーツイベントや展示会、コンサートなど幅広く利用されています。

チケット購入方法と座席

九州場所は会場が広いこともあり、本場所の中でも比較的チケットを手に入れやすいようです。

会場の正面玄関の右手にチケット売場があり、空席状況が掲示されているほか、窓口では、座席の位置を確認してチケットを購入することができます。

チケットは、大人2,100円、小人200円(自由席・当日のみ販売)から購入できます。

もちろん、九州場所にもタマリ席やマス席、イス席などがあり、インターネットやプレイガイド、コンビニなどで手に入れることができます。

福岡国際センターのマス席は両国国技館などに比べ広めになっており、余裕を持って座れます。

また、座席から土俵が近く、どこからでも見えやすいとファンから好評です。

九州場所限定の「らくらくマス」(12~13列)は4人用マス席を2名で利用でき、料金も2名分のお得なチケットです。

ただ、九州場所には両国国技館のようなお茶屋さんのシステムがありません。

そのため、座席のチケットのみのお客さんがほとんどですが、Aマス席についてはお土産弁当付きのチケットも販売されており、入場後、係の人が席まで案内してくれるサービスもあります。

九州場所の食事事情

相撲観戦は長時間になりますので、食事をしたり、飲物を飲んだりすることも必要です。

九州場所にはお茶屋さんはありませんが、売店でお土産セットを予約したり、お弁当を買うことができます。

Aマス席以外の席でもお土産セットの予約は可能です。

当日の売店販売は、数に限りがあり売り切れ必至、予約しておくと安心して相撲を観戦することができます。

相撲協会では会場への食べ物の持込を禁止していますが、九州場所の食事事情もあり、持込で食べていてもとがめることはないようです。

自宅から持って来る人、近くのコンビニなどで購入してくる人など様々です。

また、入場後、一度だけ会場外に出ることができるため、会場近くで食事をしたり、買出しに行く人もいるようです。

九州場所の魅力

九州場所開催中の福岡国際センターのロビーには優勝力士に贈呈される優勝トロフィーが展示されています。

また昨年は、1階マス席通路で写真展「72代横綱稀勢の里昇進のようすと歴代横綱」が開催されました。

さらに、九州場所の魅力といえば、力士達との距離が近いことが上げられます。

ロビーで入り待ちができるため、多くのファンがロビーでシャッターチャンスを狙って並んでいます。

また、会場内では親方衆にバッタリ出会うことも!握手をお願いすると快く引き受けてくれます(その場の空気は読むべし)

 

九州場所の宿舎について


出典:https://www.e宿.com/

宿舎とは

両国国技館以外の地方場所の場合、相撲部屋はその場所に宿舎を設けます。

九州場所でも相撲部屋は福岡市内近郊に宿舎を構えます。

宿舎での朝稽古は無料で見学もできるため、地元ファンにとって楽しみのひとつとなっています。

ただ、見学できない部屋があったり場所が変わることもあるので注意が必要です。

朝稽古はほとんどの部屋で午前6:00~11:00頃まで行われています。

稽古は基本的に番付の下の力士から行うため、十両、幕内の力士が稽古場に姿を現すのは8;00頃のようです。

場所中は軽めの稽古を行う力士が多いため、本格的な稽古を見学したい人は場所前がオススメです。

それに場所中は土俵に集中しているでしょうから、遠慮したほうがいいでしょう。

 

朝稽古は10:30頃には終了、力士たちはお風呂に入ってから11:00~12:00くらいにちゃんこを食べます。

ツアーなどで朝稽古に参加したり、部屋によっては見学者にもちゃんこを振舞ってくれるような部屋もあるようです。

また、稽古後にサインや写真撮影に応じてくれたりする力士もいるとのことです。

力士の迷惑にならないようにお願いすることが大事です。

人気力士のいる相撲部屋の宿舎

・田子ノ浦部屋(稀勢の里、高安)・・・福岡県糟屋郡志免町田富4ー9ー20 田富公民館

・宮城野部屋(白鵬、石浦、炎鵬)・・・福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗942-5 南蔵院法友殿

・出羽海部屋(御嶽海)・・・福岡県糟屋郡新宮町新宮156-1 タグチ研修センター

・春日野部屋(栃ノ心、栃煌山)・・・福岡市東区三苫2-7-8

・境川部屋(豪栄道)・・・福岡県大野城市大城3-13-3

・木瀬部屋(宇良)・・・福岡市東区二又瀬新町14-20

・追手風部屋(遠藤)・・・福岡市西区今津1857(2017年は場所中見学不可)

・井筒部屋(鶴竜)・・・福岡市東区箱崎2-10-19 福寿会館

・伊勢ノ海部屋(勢、錦木)・・・福岡市東区箱崎2-10-19 福寿会館

・湊部屋(逸ノ城)・・・福岡県古賀市新久保1-14-25

・貴乃花部屋(貴景勝、貴ノ岩、貴源治、貴公俊)・・・福岡県田川市川宮1776-1 相撲茶屋貴ノ花

・九重部屋(千代丸、千代の国、千代大龍、千代翔馬)・・・福岡市中央区今川2-1-17 鳥飼八幡宮振武館

・尾車部屋(嘉風、豪風、天風)・・・福岡県春日市上白水7-23

・八角部屋(北勝富士、隠岐の海)・・・福岡市南区高宮5-17-4 金光教福岡高宮教会

 

九州場所のエピソード


出典:https://blog.goo.ne.jp/

2017年九州場所の結果、優勝力士は?

2017年、九州場所を制したのは白鵬でしたが、巡業中の不祥事によりいろいろな意味で記憶に残る場所になりました。

2017年の九州場所初日から鶴竜が休場、暴力事件の責任を取って日馬富士も休場、引退を余儀なくされます。

大関から陥落しこの場所を10勝すれば大関へ復帰できる関脇の照ノ富士も途中休場、場所後の復帰の可能性がなくなりました。

また、稀勢の里が9日目にこの場所5個目の金星を配給、武蔵丸の1場所金星配給最多記録に並んでしまい、10日目から休場してしまいます。

一人横綱となった白鵬は、14日目に2場所ぶり40回目の優勝が決定、九州場所も3年ぶりに優を果たしました。

過去に白鵬は九州場所を8度制しており、彼にとってゲンのいい場所であると言ってよいでしょう。

名勝負

●1995年千秋楽(優勝決定戦)横綱貴乃花対大関若乃花

「若貴ブーム」として時代を席巻していた横綱貴乃花と大関若乃花が千秋楽で12勝3敗で並び、優勝決定戦の舞台に上がりました。

本割では同部屋同士の対決はありませんので、史上初の兄弟対決となったのです。

勝負は若乃花が下手投げで勝利、2度目の優勝を飾りましたが、期待していたような熱戦とはなりませんでした。

後のインタビューで貴乃花は「やりにくかった」とコメント。八百長疑惑まで出てしまいました。

それでもこの対決が唯一の兄弟対決のため、忘れられない1戦となっています。

●2010年2日目 横綱白鵬対前頭筆頭稀勢の里

4場所連続で全勝優勝を果たし、この場所も前日まで63連勝中だった白鵬の64連勝を止めたのが稀勢の里です。

この年の九州場所の最大の関心事は、白鵬がどこまで連勝記録を伸ばすかということだったのです。

当時まだ平幕の力士だった稀勢の里は2日目に白鵬と対戦、激しい相撲の末、寄り切りで勝利しました。

白鵬は連勝はストップするも、稀勢の里以外の取組は全て勝利し優勝を果たしました。

観客の観戦マナー


出典:https://spaia.jp/

九州場所をテレビで見ていて感じるのは観客のマナーです。

九州出身の力士が土俵に上がると手拍子でコールが巻き起こります。

九州場所ではごく自然に応援コールが沸き起こり、当たり前の応援方法になっています。

会場全体がご当地出身力士を応援しているような雰囲気になり、対戦相手は完全アウェーです。

見ていて気持ちのよいものではありません。

相撲協会の観戦約款には「集団応援を禁ずる」という記述があり、応援コールも集団応援に当てはまります。

ご当地出身の力士を応援したい、後押ししたいという気持ちは分かります。

ただ、コールという応援方法は相撲には向いていないのではないかと思います。

力士は取り組み前に集中して仕切っているわけです。

そこでコールされてはタイミングを狂わされたり、気が散ったりしないかと心配になります。

 

数年前の不祥事により人気が低迷した大相撲は、様々な改革を行い、人気を取り戻したかに見えます。

テレビ中継で解説していた親方が実況アナから応援コールに対しての見解を聞かれた時に「応援してくれているのだから・・・」とお茶を濁したのを聞いたことがあります。

会場に足を運んでくれる観客に対し、応援マナーに対してまだまだ寛容にならざるを得ないのかなと感じます。

応援コールは今や九州場所に限ったことではないのですが、相撲は日本の伝統文化ですから、相撲協会も注意喚起してほしいと思っています。

まとめ

野球もそうですが、サッカーにしても相撲にしてもやっぱりスポーツ観戦は生観戦に優るものはありません。

その迫力感や観客が作り出す会場の雰囲気、中継は見ることができない裏側、そしてグルメなどなど。

その場でしか感じられない世界感を堪能できます。

九州場所には国技館にない、雰囲気、楽しみ方があるのではないでしょうか。

2017年は暴力事件など土俵の外でのことが耳に入り、純粋に相撲を楽しむことができませんでした。

2018年は、力士は相撲に集中できるような、また、ファンも心から応援できるような場所になってほしいと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + 18 =