相撲の懸賞はいくら?その受け取り方は?

相撲中継を見ていると、取り組み前に土俵を懸賞旗を持って呼び出しさんが回る光景が見られます。

人気力士であればあるほど、懸賞は多くなります。

今回は懸賞金の金額や懸賞金にまつわるランキングなどについて調べてみました。

相撲の懸賞金とは


出典:http://nice-infomation.com/

懸賞金の歴史

相撲の起源は古代にまでさかのぼりますが、懸賞金については、平安時代にはすでにあったとされています。

平安時代、相撲は諸国から集められた相撲人(すまいびと)、今で言う力士の相撲を天皇が宮中で観覧する相撲の節(すまいのせち)という行事でした。

この時代にはお金ではなく、勝負に勝った相撲人に織物や衣類、米などが贈られていたとのこと、これが懸賞の原型とされています。

江戸から明治時代には、観客が良い相撲に対して羽織や煙草入れを土俵に投げ入れるようになりました。

投げ入れられた羽織などには観客の名前が書いてあり、これを呼び出しさんが拾って勝った力士に渡します。

力士はそれを持ち主に届け、その時に祝儀がもらえるというシステムになっていたようです。

現在、番狂わせな取り組み後に土俵に座布団が投げ込まれますが、それはこの名残だと言われています。

また、江戸時代には、武家の上覧相撲の頃には、弓や刀、羽織が贈られていました。

千秋楽の「これより三役」後の取り組みに勝った力士には懸賞金に合わせて矢と弦が贈られるのはこのころの名残です。

現在の懸賞金制度は、昭和30年頃からできたようです。

懸賞金の金額

勝利力士が勝ち名乗りを受け、行司から熨斗袋を受け取っている場面を見たことがあると思います。

いくら入っているんだろう?と気になりますよね。そこで、懸賞金の金額を調べてみました。

懸賞金は1本62,000円(8%の消費税込)で、手数料などが引かれ力士は30,000円を現金で受け取ります。

力士が受け取っている熨斗袋には現金30,000円が現金で入っているのです。

ところで、力士が受け取る懸賞金が何故、半分以下になってしまうのでしょうか?

懸賞金の62,000円のうち、相撲協会が必要経費として5,300円受け取ります。

残りの26,700円が獲得者本人名義の預り金として積み立て、納税充当金として協会が保管しています。

引退時には余剰金が戻ってくるそうです。

懸賞金には税金がかかる?

では、懸賞金には税金がかかるのでしょうか?

その前に力士の収入がどうなっているを解説します。

力士は相撲協会から給料を支給されています。

もちろん給与所得として、サラリーマンのように源泉徴収され、年末調整もしています。

また、優勝賞金や、後援会からのご祝儀(申告する力士は少ない)などは一時所得として源泉徴収されます。

そして懸賞金です。懸賞金は、テレビCM、番組出演料と同じく事業所得扱いになります。

人気力士になれば、懸賞金も多く、収入源が複数あるため、個人事業主とて確定申告が必要になります。

つまり、懸賞金には税金がかかるということです。

懸賞金の最高本数、最高額は?


出典:http://aganism.com/

長らく、1つの取り組みにかけられた懸賞の本数は昭和39年(1964年)の1月場所、14日目の栃ノ海 -大鵬と、千秋楽の栃ノ海 – 豊山の26本が最高でした。

その記録を破ったのが平成16年(2004年)1月場所の14日目、朝青龍 – 千代大海の対決で、27本の懸賞がかけられました。

以降どんどん本数は急増していきます。

1つの取り組みにかけられる懸賞の数は、呼び出しが旗を手に土俵上を回る時間の関係で制限があります。

1周が20本で3周して60本が限界ですが、東京開催の場合ファン投票のよる森永賞(後で説明)が1本付くため61本が最高です。

歴代最高本数

1位:61本 白鵬 – 鶴竜(平成27年1月場所千秋楽)

2位:51本 朝青龍 – 白鵬(平成18年9月場所千秋楽)

3位:50本 白鵬 – 朝青龍(平成21年9月場所千秋楽)

3位:50本 白鵬 – 朝青龍(平成22年1月場所千秋楽)

3位:50本 白鵬 – 栃煌山(平成27年1月場所初日)

3位:50本 白鵬 – 日馬富士(平成22年3月場所千秋楽)

懸賞金獲得力士

1場所での最多獲得は平成27年初場所で白鵬の545本です。

2位も平成22年11月場所の白鵬で515本、3位の487本、4位の473本も白鵬の記録です。

5位が平成27年9月場所の鶴竜で438本となっています。

平成29年の5月場所で、3月場所で優勝した横綱・稀勢の里に対する期待が高まり、場所前に稀勢の里指定の懸賞が608本と過去最多となりました。

全勝すれば白鵬を超えると話題になりましたが、残念ながら稀勢の里11日目から休場してしまいました。

企業が懸賞をかけるのは?

企業にとっての宣伝効果

懸賞金は企業や団体スポンサーしか出すことができません。

それは、政治利用などを避けるため、個人名での受付はしないそうです。

では、懸賞金を出す企業にとって相撲の懸賞は宣伝効果があるのでしょうか?

取り組み前に呼び出しさんが懸賞旗が土俵の周り終わった頃、場外アナウンスで懸賞を出した企業名が紹介され、商品などのチャッチフレーズが流されています。

基本的に、NHKの放送では宣伝広告を原則として流せませんので、テレビ中継では音声が絞られてしまいます。

また、懸賞旗が周り始めると画面は引きになります。

そして対戦力士の四股名が画面一杯に表示され、次に過去1年の対戦成績が表示されます。

それでは企業にとって宣伝効果がないのでは?と思ってしまいますが、企業は広告のためだけでなく、力士個人や、大相撲そのものを応援しているのです。

懸賞旗について

基本的に「懸賞旗」は、提供スポンサーが自前で用意する必要があります。

大きさは120cm×70cmで統一されており、「蔵前(東京・台東区)にある専門業者が1本5万円ほどで制作を請け負っているそうです。

懸賞金を出している企業は、遠くから見ても一目でその企業が分かるような懸賞旗を使用しているところが多いようです。

懸賞金の常連企業


出典:https://spaia.jp/

永谷園

懸賞金を出している企業で一番有名なのは永谷園ではないでしょうか。

永谷園は平成12年の5月場所から懸賞金を出しており、1場所あたりの懸賞金が約200本、金額でいうと約1200万円になります。

そんな永谷園でも大相撲の野球賭博事件の際は1場所、懸賞金を中止していました。

また、永谷園のテレビCMには力士が出演することが多いです。

過去には、高見山やその弟子の高見盛、照ノ富士が出演、現在は遠藤がCMに出演しています。

実は、永谷園のCMに出演している力士は勝てない・・・なんてジンクスがあるようです。

それは、永谷園がCMに出演している力士に懸賞金をかけるため、対戦相手の力士が懸賞金という特別ボーナスを前に大奮起してしまうのです。

そのパワーに押されてCM出演力士が負けてしまうということらしいです。

森永製菓

森永製菓では東京場所でだけ、来場者の投票によって懸賞をかける取り組みを決めています。

これを「森永賞」といい、森永のお菓子の箱が投票用紙になっているんです。

来場者はキャラメルやチョコレートの箱を広げ、裏側にその日に懸賞をかけたい取り組みを書いて専用ポストに入れます。

ポストは国技館内に4ヶ所に設置、投票は毎日15時半までです。

森永の懸賞は、昭和26年から始まり、翌年からファン投票によって決めるようになりました。

ちなみに、投票用紙に、自分の氏名、住所も書いておくと思わぬプレゼントがあるようです。

森永製菓は1番多く票が入った取り組みに懸賞をかけるわけですが、その取り組みに投票した人の中から抽選で3名に、記念品(森永製品の詰め合わせ)が贈られます。

もち吉チャンス

ほとんどの企業は、贔屓の力士や、注目の取り組みに懸賞をかけます。

高額の懸賞は横綱の取り組みや人気力士にかけられるため、幕内でも懸賞がかけられていない取り組みが出てしまうのです。

そこで、注目されるのが米菓メーカー「もち吉」です。

もち吉は取り組みの力士に関わらず、幕内の一番最初の取り組みに必ず「懸賞」をかけています。

これを相撲業界では「もち吉チャンス」と呼んでいます。

幕内最初の取り組みというのは、幕内に休場力士が出ると、十両の力士が取るようになります。

十両の取り組みには懸賞はないため、十両力士にとって最大のチャンス!力が入るところです。

もち吉チャンスで人生初懸賞をゲットしたのが、当時十両の筆頭の番付で相撲を取っていた宇良です。

場所中に左手甲付近を骨折、宇良にとって初の負け越しとなった場所でした。

宇良は5日目と10日目に幕内の最初の取り組みに登場、10日目の豊響戦で勝利し、初の懸賞を獲得(3本)しました。

宇良にとってまさに初物づくしの場所だったと言えるでしょう。

当時、宇良はその記念すべき初懸賞の熨斗袋を部屋に飾っていたそうです。

やはり力士にとって懸賞は大きなモチベーションになっているんですね。

もち吉の懸賞に対するスタンスは好感が持てるものであり、そのような企業が出てくれるといいと思います。

1点集中ではなく、どの取り組みにも最低1本は付けてほしいものです。

そのほかの企業

清酒大関、毒掃丸、三光丸、イチジク浣腸、豊商事、クリナップ、高須クリニック、タマホーム、伯方の塩、フローラ(HB-101及びニオイノンノ)、財宝等がほぼ毎場所懸賞金をかけています。

常連のスポンサー以外に話題になった懸賞を紹介します。

まず、平成29年の1月場所で、池田理代子さん原作の少女漫画「ベルサイユのばら」の懸賞旗が登場しました。

これは本編連載終了から約40年の時を経て平成25年にエピソード編が発売され、その3作目が発売されることを記念したものでした。

この場所中、物語のヒロイン・オスカルの懸賞旗が土俵を回り、注目されました。

また、平成25年の九州場所でイギリスの歌手・ポール・マッカートニーさんが新アルバムの告知のため懸賞金を出したことがあります。

以前から相撲好きとして知られるポール・マッカートニーさんは相撲観戦した際に懸賞に興味を持ち、すぐに相撲協会へ相談。

本来は場所前でなければ受付しないのですが、懸賞旗製作が間に合ったため、特例として認められ、12日目の結びの一番から場所中計15本の懸賞金をかけました。

力士の作法、受け取り方


出典:http://www.sankei.com/

懸賞のかかった取り組みでは、勝利力士が行司に勝ち名乗りを受けます。

この時の懸賞金の受け取りについては決まった作法があります。

懸賞金の受け取り方

まず、行司は勝ち名乗りの後に、軍配の上に熨斗袋を乗せ、勝利力士に差し出します。

力士はこれを右手で3回手刀を切ってから受け取るのが現在の作法です。

昭和30年代までは、手刀を切る手やその切り方も力士によってまちまちでした。

昭和の大関・名寄岩が無造作に受け取るのは見た目に良くないとして、丁寧に手刀を切って、礼を持って懸賞金を受け取りました。

その美しい姿が賞賛されて、他の力士も真似るようになったのです。

昭和41年7月場所から、当時の理事長、元双葉山の時津風親方が名寄岩の作法を見本に「右手で、左、右、中央と手刀を切る」ことが原則とされました。

相撲協会の規定として明文化もされています。

手刀(てがたな)について

では、そもそも手刀とは何なのでしょうか?

手刀は元々、日本特有のもので、人ごみの中を通る時や人前を横切る時などに片手を前に出して数回上下させる動作です。

相撲では前出の通り、名寄岩がはじめたものなのですが、名寄岩は3回手刀を切るのは、「心」と言う字を描いていたと言う事。

そのため、手刀の順序も左→中→右としていたそうです。

今でも「心」の字を意識して、4つ目の払う動作をする力士もいますし、左・右は払うようにして、真ん中だけを縦に切るスタイルの力士もいます。

これは「心」を表す偏の「りっしんべん」を書いてるものという説もあるようです。

最近では懸賞の数が増え、束が厚くなることもあり、手刀を切った後に両手で懸賞金を受けとる力士もおり、受け取りの作法は様々になっています。

また、相撲協会が監修している「相撲大辞典」では、手刀を切る理由を、「勝利の三神」に対する感謝の意であるとしています。

「勝利の三神」とは五穀の守り神で、「古事記」の最初に出てくる神様です。

●左は神産巣日神(かみむすびのかみ)

●右は高御産巣日神(たかびむすびのかみ)

●真ん中が天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)

横綱といえども、所作が乱れていたり、礼儀を欠いていたりすると品が悪いとして世間の評価が下がってしまいます。

初入幕の時に仕切りや懸賞金受け取りなどの所作に神経を使い過ぎて相撲に集中できなかったという話も聞きますから、力士にとって重要なものと言えるでしょう。

まとめ

懸賞金は勝つことにより手に入れることができるモチベーションにつながるものです。

給料とはまったく別のものとなっており、一般社会でも仕事に懸賞金があれば仕事に対する意識が変わってくるかもしれませんね。

ただ、お金のことなので、受け取る時の所作は美しくあってほしいもの。

昔ながらの所作でビシっと決める力士を見ると気持ちがいいですし、好感が持てますよね。

相撲観戦の際には懸賞や力士の所作に注目して見るのもまた、違った楽しみがあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − six =