相撲チケットの値段はいくら?チケットの取り方いろいろ

相撲は特別な人だけが会場で見るものってイメージがありましたよね。

テレビ中継を見ていても、座布団の上に座ってお弁当を食べている観客の姿を見かけます。

一般販売などしていないものと思っている人も多いのではないでしょうか。

今回は、相撲のチケットの値段や取り方などを調べてみました。

 

相撲のチケットの値段


出典:http://mail-club7.net/

普通のスポーツとは違った観戦スタイルの相撲、席の種類と値段を紹介します。

観戦席の種類と値段

相撲の観戦席には土俵から近い順の次の3種類があります。

・溜(タマリ)席(1人用):14,800円

・枡(マス)席(4人用):A46,800円 B42,400円 C38,000円

・椅子(イス)席(1人用):A8,500円 B5,100円 C3,800円 自由席:2,200円

砂かぶり席とは?

砂かぶり席とは、溜席の別名で取り組み中の力士の動きによって、砂をかぶったり、力士が落ちてきたりするため、こう呼ばれています。

審判員のすぐ後ろの席で料金も一番高くなっており、飲食や写真撮影、携帯電話の使用は禁止されています。

この席は東西南北で約500席程度が用意されているのですが、このうち土俵に近い300席は「維持員席」となっており、一般に販売されるのは残る200席ほど。入手するにはかなり狭き門となっています。

維持員とは、後援団体や130万円(東京地区の場合は390万円)以上の寄付をした個人や法人のことで、優先的に溜席を利用することができます。

枡(マス)席とは?

枡席は日本の伝統的な観客席で、江戸時代の初め頃から歌舞伎や人形浄瑠璃の芝居小屋で普及しはじめました。

相撲は江戸後期から勧進相撲がはじまり、庶民に広がりましたが、その多くが寺社の境内で不定期に興行されていたため、常設の施設はなく、仮仕立ての建物で開催していたようです。

木組みで簡単に客席を仕切ることができる枡席は都合がよく、芝居小屋から枡席が姿を消してしまっても、相撲興行から枡席がなくなることなく今に至っています。

枡席は、飲食自由で、靴を脱いで座り、家族や友人たちとお弁当を食べたり、お酒を飲みながら宴会気分で相撲を観戦することができます。

「相撲を見るなら枡席で!」と言われるくらい人気があるのも頷けますよね。

 

枡席の場所は、溜席のすぐ後ろの1階の席で、4人分の座布団が敷かれた約1.5メートルの正方形のスペースを1マスとして販売されています。

この広さに大人4人が座るとかなり窮屈なのであらかじめ覚悟して観戦しましょう。

また、必ずしも4人で観戦しなければいけないわけではなく、3人、2人で利用することも可能です。

ただ、チケットは1マスごとに販売されているため、3人だから安くなるわけではありません。

椅子席も意外に見やすい?

椅子席は1人用の椅子で、気軽に相撲を観戦できます。

2階席なので、土俵から遠くはなりますが、チケット料金も安いですし、何より、会場を見渡すことができ、相撲の雰囲気を味わうことができます。

さらに椅子席には、椅子ならではのメリットがあります。

溜席や枡席は靴を脱いで座布団に座ります。狭い場所で座布団に座り続けるのは結構つらいものがあります。

椅子のほうが背もたれついていますし、膝を曲げて座るよりは疲れにくいのではないでしようか。

高齢者の方にとっては、椅子席のほうが楽かもしれません。

 

国技館と大阪の座席の違い


出典:http://juliet24.com/

国技館と大阪など、地方場所の会場では多少違いがあります。

国技館は正方形の形を取っていて、同じ座席区分(枡席Aや椅子席Bなど)であれば、土俵までの距離はほぼ同じです。

しかし、大阪場所が行われているエディオンアリーナ大阪と、名古屋場所のドルフィンアリーナは1階は正方形ですが、2階の椅子席は東西方向が縮まっている構造になっています。

そのため、同じ椅子席でも東西方向の席は土俵からの距離が近くなります。

また、九州場所の福岡国際センターは、国技館と同じように正方形で、ほぼ同じ配置ですが、椅子席はかなり後ろの列に設けられています。

同じ座席区分でも、会場によって土俵の見え方は違うため、チケットを購入する時は注意が必要です。

 

観戦席のチケットの取り方


出典:http://netacore.jp/

正式なルートから買う

●チケット大相撲

大相撲のチケットをメインで取り扱っているのは、相撲協会の公式サイト「チケット大相撲」です。

インターネットと電話予約での申し込みができ、さらに「最速先行抽選申し込み」というサービスも行っています。

一般の前売り販売は場所の約1ヶ月ほど前ですが、「最速先行抽選申し込み」は約2ヶ月前に行われます。

まず、チケット大相撲を利用するには会員になる必要があり、会員サイトからの申し込みが必要です。

ただ、チケットは抽選になっており、当選すればチケットの予約をすることができます。

また、このシステムは座席指定ができず、チケットに名前も印字されるため、人に譲ることはできません。

さらにチケット料金のほか、システム利用料や特別販売利用料などがかかるため、高上がりになってしまいます。

●チケット業者

扱っている座席は少ないですが、一般のチケット業者からも購入可能です。

・チケットぴあ(ネット・電話・店頭販売)

・イープラス(ネット)

・ローチケ(ネット)

●会場の切符売り場

国技館の切符売り場と福岡国際センターでは切符売り場で店頭販売されています。

なお、当日券は4場ともの会場の切符売り場でチケットが販売されています。

また、名古屋場所は相撲協会と中日新聞社の共催となっており、中日新聞社が枡席のチケットを販売しています。

旅行会社のツアーに申し込む

旅行会社が販売する相撲観戦ツアーに申し込むと交通費、宿泊代にチケットがセットされています。

ツアー料金はかなり高くなりますが、交通費、ホテルなど自分で手配することを考えると手間暇はぶけますし、トータルで考えると安いくらいです。

日程や座席などを自分で選ぶことはできませんが、地方から相撲観戦するのであれば選択肢として考えるのも手です。

チケット売買サイトや金券ショップを利用する

正式ルートでチケットを入手できない場合、相撲観戦は諦めなければいけないのでしょうか?

相撲のチケットは人気アーティストのライブなどと同じで、チケット売買サイトにも出回ります。

チケットを購入したものの、都合悪く観戦できなくなったとか、お目当ての力士が休場したので・・・なんて理由でチケットを手放す人も多いようです。

結構観戦日ギリギリに出品されることもあるので、諦めずにチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

ファン同士の売買は良心的な料金で出品されますが、明らかに転売屋が出品していると分かることも!

定価8,500円の椅子席Aが17,000円になっていたり、46,800円の枡席Aがなんと10万円だったりしてびっくりしてしまいます。

転売屋については相撲のチケットだけでなく、人気アーティストのライブ、フィギュアスケートの試合やアイスショー(羽生結弦選手絡み)などなど、入手困難なチケットに対し、大量に手に入れて高額で売り出し、社会問題にもなっています。

需要に対して供給される数が少ないのがプレミアムチケットです。

そこに目をつけ、大量に手に入れる転売屋に対し、顔認証の導入、転売サイトで発売された席の閉鎖など規制をかけているようですが、転売屋がいなくなることはありません。

買う人がいるから悪いという人もいますが、高くても手に入れたいとか、自分で苦労しなくてもお金を払えば手に入るのであればと利用する人が減ることはないようです。

相撲協会も転売屋に対する何かしらの対策を取ってくれないと、純粋に相撲を観戦したい人がいつまで経ってもチケットを入手できないことになってしまいます。

 

相撲チケットに当日券はあるのか?


出典:http://yukikoyanagida.hateblo.jp/

自由席は観戦当日のみ発売されています。

座席は2階最後列14列目で、4会場とも発売しています。

発売は当日の朝7:45からですが、混雑時にはその前に整理券が配られます。

整理券は1人一枚のみ、観戦を希望するすべての人が並ばなければいけません。

支払いは現金のみ、料金は、1枚2,200円、子供(4歳~15歳)200円です。

当日券はどれくらい用意されているのでしょうか?

国技館の場合、2階14列の自由イス席で東西南北に各100席あるため、合計400席(通常300~350席)が販売されます。

注目の取り組みがあったりすると、当日券を手に入れるため徹夜する人も出るとのこと。

朝6時くらいから並ぶ人が多いようです。

 

お茶屋からの購入方法


出典:https://blogs.yahoo.co.jp

お茶屋とは

相撲のチケットはお茶屋さんから購入する方法もあります。

お茶屋さんとは通称で、正式には相撲案内所呼ばれ、相撲界に古くからある独自のシステムです。

相撲のチケットを取り扱う代理店のようなもので、基本的に取り扱うチケットは枡席のみです。

チケットのほかに食事、飲み物、お菓子、おつまみ、お土産などがセットなった「お土産セット」も販売しています。

お土産セット付きのチケットはかなり高額になりますが、相撲案内所を通してのチケットを手配していると、出方さんと呼ばれる案内係に至れり尽くせりのサービスを受けることができ、相撲を満喫できます。

ただ、当日は出方さんに心付けを渡したりと出費がかさむことは覚悟しましょう。

・国技館:国技館サービス株式会社(20軒のお茶屋が加盟しています)

・大阪:本家・いこま屋・天野・二葉

・名古屋:かね秀・わか竹・寿

なお、九州場所には相撲案内所はありません。

購入方法

購入にはインターネットと電話予約があります。

くどいようですが、お茶屋で販売するチケットは枡席のみです。

たとえば、国技館のチケットは、国技館サービス株式会社のサイトからオンライン購入できます。

国技館サービスには20軒のお茶屋が加盟しています。

オンライン購入の手順ですが、まず観戦を希望する日付、券種を選びます。

希望の購入数を入力し、内容を確認したら、「買い物かごに入れる」ボタンをクリックします。

ほかの日付のチケットやお土産セットなどを購入する場合はお買い物を続けます。

注文を確定する場合は「購入手続きへ進む」ボタンをクリックします。

個人情報(氏名、送付先)を入力、支払い方法(クレジットカード、代金引換)を選択します。

注文内容、入力内容の確認画面で最終確認を行います。

問題なければ「この内容で注文する」ボタンをクリックし注文完了です。

チケットは、入力した送付先に佐川急便の宅配サービスで送付されます。(送料別途必要です)

 

電話予約の場合は相撲案内所チケット窓口(電話:03-3622-3300)へ申し込みます。

代金の支払い方法は代金引換(佐川急便)と直接国技館まで出向いて支払うかです。

なお、国技館の支払い窓口は土日祝日、年末年始(12月28日~1月4日)は受付していません。

 

まとめ

以前は、タニマチや維持員、お茶屋にチャンネルがなければ枡席での観戦はできなったのですが、今ではチケットサイトから全国どこからでも入手することができます。

観戦したい!という人に対してチケットが少ないわけですから争奪戦にはなりますが、一般発売されているわけですから昔と比べると敷居は低くなったようです。

一見さんには難しいとされていたお茶屋からの購入もインターネットや電話予約を出来るようになりました。

いろいろと問題山積みの相撲界ですが、ファンの裾野を拡げて、誰でも観戦しやすい環境作りをしてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 4 =